azアンカーのご紹介

1.「azアンカー」は、株式会社我妻工業が製品化した、各種屋上屋根防水層へ設置可能な防水機能を損なわない「あと施工アンカー」です。

2.製品の概要
・各種屋上防水面に対して、既設防水機能を損なわずに10mmφ x 80mm長さのアンカーを設置することが可能です
・「azアンカー」は、既存防水層との防水機能を確保する「ベースプレート」とアンカー構造の「アンカープレート」で構成されます
・基本構成の材質はSUS304となります

ベースプレート 4mm x 120mm x 120mm
アンカープレート接続アンカー2本溶接固定
アンカープレート : 5mm x 120mm x 120mm
アンカーサイズ : 10mmφ x 80mm長さ
付属部品 : アンカープレート固定用8mmφナット2個、ワッシャ2個
ばねワッシャ2個  止水シート1枚

ベースプレートを固定するビスは、躯体の種類、必要強度を選定し別発注となります。
既設防水の種類に応じた防水止水部材が必要となります。

3.設置可能物件
《陸屋根屋上物件》
・躯体構造:RC、ALC、金属フラットデッキ、押さえモルタル
・防水種別:アスファルト、改質アスファルト、シート防水、ウレタン塗膜
陸屋根屋上物件において、既設防水面に対するアンカー設置が可能です。
既設防水が外断熱工法で施工された物件でも設置可能です。
本工法でアンカー設置後の既設防水改修工事にもアンカー利用の対応が可能です。
(躯体状況、経年状況で改修対応困難な場合もあります。)

4.施工手順
① 設置面清掃と墨出し
・設置したい屋上防水面をプライマー塗布できるレベルに清掃(必要に応じ洗浄)を実施します
・設置位置を墨出しします。墨出しは直交で実施すると設置が正確になります
② プライマー塗工とベースプレートへの止水材塗工
・下表に示したように防水種別に応じたプライマーを設置部位に塗工します
・ベースプレートの裏面外周部に防水種別に適した止水材を塗布します
止水材の塗布は、25~30mmφを目安に外周の途切れが無い様に塗布します

・既設防水層種別ごとの選定止水材の概略は以下の通り

既設防水層種別 アスファルト系 押さえコンクリート ウレタン塗膜 塩ビ系 加硫ゴム
プライマー 専用プライマー 専用プライマー 専用プライマー 専用プライマー 専用プライマー
止水コーキング アスファルト系 変成シリコーン 変成シリコーン 変成シリコーン ブチルゴム系

③ ベースプレートの設置
・止水材を塗工したベースプレートをプライマー塗工した屋上面の墨に四隅を合わせ設置します

四辺外周から止水材がはみ出る程度に圧着を実施します
一度圧着したものを剥がした場合、再度止水材を塗工し、
設置仕直してください

 

 

(屋上での墨方向とアンカー設置の向きを揃える場合は、2辺を合わせ設置します。)

 

 

 

 

④ ベースプレートの固定
・躯体種別に応じたビスで固定を実施します
・ビス種別により下穴施工を実施し固定します
・躯体種別に応じたビスの選定概略は以下の通り

躯体下地種類 RC躯体、押えコンクリート ALC躯体 金属デッキ
使用ビス種類*1 樹脂プラグ+Mネジ アリンコ*2 セルフタッピングビス
防水断熱 有(厚さ d≦50) 有(厚さ d>50) 有(厚さ d) 有(厚さ d)
ビス径 Φ=4.65mm Φ=5.8mm Φ=4.65mm Φ=8mm Φ=6mm Φ=7mm
ビス長さ d+35mm d+45mm 40mm d+60mm 60mm d+25mm以上
プラグ径 Φ=6mm Φ=8mm Φ=6mm      
プラグ長さ d+30mm d+40mm 30mm      
下穴サイズ Φ=6mm Φ=8mm Φ=6mm      

*1ビス材質はSUS304またはMX7です
*2 ALC下地で樹脂プラグ+Mネジ+エポキシ接着併用も選択可能です。アリンコ(丸エム社商標)、セルフタッピングネジは下穴不要です

⑤ ベースプレート固定ビス頭の止水処理
・ベースプレートを固定したビス部分に付属止水シートの離型紙を剥がし、エアーかみ込み、皴の発生が無いように貼り付けます
⑥ アンカープレートの固定
・ベースプレートにアンカープレートを固定し、付属のワッシャ、ばねワッシャ、ナットを使用して止付けを実施します

《設置完了イメージ》

資料は以下のリンクからダウンロードできます

azアンカーの紹介

azアンカー施工要領書

 

お問い合わせは下記まで

電話:03-3894-6241

mail:m-sera@azuma-kougyo.co.jp

担当:世良まで

コメントは受け付けていません。